2005年7月12日生まれ       私 にゃんこ 2歳
by 222ko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
ライフログ
以前の記事
カテゴリ:妊娠日記インデックス( 40 )
妊娠中毒症の検査の為、7月10日から入院です
       
昨日(7/8)の夕方、「おしるし」 がありました!! 
おりものに茶褐色の血が混じっているものが、トイレットペーパーに
ベローンと付いてきたので、はっきり おしるしだなってわかりました。
2日前から、腰が痛くなったり おっぱいが張ってきたり
なんか いつもと違う感じなので もうすぐ 産まれそうな予感。。。
でも、お腹の赤ちゃんは、ガンガン動いていてちっとも静かにならない
う~ん 産まれる気があるのか、無いのか 全然 わかんない

「おしるし」 くらいで、病院に行って診察してもらうべきなのか悩んだけど
安産教室の時に「ちょっとでも変わったことがあったらすぐ来なさい」と
院長、助産師さんに口を酸っぱくして言われたのを思い出しc0039937_22553661.gif
今日(7/9)の午前中、病院へ電話してみた
「とりあえず 来てみて下さい」と言われ病院へ。
なんと 以前から指摘されていた蛋白が
今日も出てしまったので、妊娠中毒症の検査の為、
急遽、入院することになりました。
      
予想外の展開に私がついていけず診察室でポカーン
院長は、「もうすぐ産まれそうだし、今から入院してもいいぞ」と言うのですが、
本人は全然そんな感じないのです。
さすがに 心の準備が出来てなくて 明日朝の入院にしてもらった。
でも、陣痛を待ちながら家でソワソワしてるより、病院に居れるのである意味
安心かな。。。。
   
という事で、明日(7/10)から入院です。
次回の更新は、「産まれました~」報告が無事できるよう祈って行ってきまーす。
    
[PR]
by 222ko | 2005-07-09 22:49 | 妊娠日記インデックス
妊娠日記インデックス
~妊娠日記の目次を作りました。妊娠関連の記事は、こちらからご覧下さい。~
      

 
c0039937_1652365.gifc0039937_16524965.gif最新 診察16回目:妊娠37週6日 「妊娠中毒症になっぞ」
   
 妊娠初期('04/10/20~'05/2/1)
         妊娠1,2ヶ月
        ├もしかして妊娠!?
        ├私の産婦人科選び
        ├診察1回目:「何も見えませ~ん」
        ├診察2回目:妊娠6週0日 「ちっちゃいお豆ちゃん」
        └222koの妊娠カレンダー

         妊娠3ヶ月
        ├診察3回目:妊娠9週1日 「人間らしくなってきました」
        ├母子健康手帳
        ├つわりってどんな感じ?
        ├おっぱい七変化
        └診察4回目:妊娠10週6日 「さっぱり動いてくれません」

        妊娠4ヶ月
        ├ 戌の日どうしようかな
        └診察5回目:妊娠14週6日 「エイリアン出現!!」

 妊娠中期('05/02/02~4/27)
         妊娠5ヶ月
        ├診察6回目:妊娠18週5日 「性別わかりました!!」
        └はじめて胎動を感じた日

         妊娠6ヶ月
        ├母親教室 第1回目 「妊娠中の栄養」
        ├母親教室 第2回目 「こわーい出産のお話」
        ├診察7回目:妊娠22週2日 「引越後、初めての通院」
        ├母親教室 第3、4回目 「助産婦さんのお話、沐浴」
        └不覚にも風邪をひいてしまう

         妊娠7ヶ月
        ├体重管理という憂鬱
        ├無痛分娩もいいかも
        ├お腹も七変化
        ├早くもマタニティブルー??
        ├里帰りの航空チケット購入
        ├名前にまつわる思い出
        ├フリースタイル出産? カンガルーケア?
        └診察8回目:妊娠27週3日 「病院かえて、よかった」

 妊娠後期('05/04/28~7/20)
         妊娠8ヶ月
        ├診察9回目:妊娠29週3日 「あれ?逆子なおらず」
        ├里帰りの病院選びで悩む やっぱ無痛がいいもん
        ├診察10回目:妊娠30週3日 「やっぱり逆子のまま」
        └診察11回目:妊娠31週3日 「逆子なおらず 涙」

         妊娠9ヶ月
        ├パパ講座に行ってきました
        ├診察12回目:妊娠33週3日 「逆子が治る確立2割」
        ├診察13回目:妊娠34週3日 「逆子は治ったけど...」
        ├山形へ里帰り
        └診察14回目:妊娠35週6日 「へその緒一回巻き」

         妊娠10ヶ月
        ├診察15回目:妊娠36週6日 「アンパンマンになった」
        └診察16回目:妊娠37週6日 「妊娠中毒症になっぞ」

[PR]
by 222ko | 2005-07-08 10:30 | 妊娠日記インデックス
診察16回目:妊娠37週6日 「妊娠中毒症になっぞ」

    先週末(7/2)、東京出張だったダンナが、あしをのばして山形まで来てくれた。
   ついでと言っても 東京から山形もかなり遠いのに... ダンナって実はいい人??
   独りでパンばっかり食べているそうで(かわいそ...)やっぱり太ってた...      
   ちょうどレンタルしたベビーベットが届いたので組み立ててもらう いい時に来たぞ♪パパ


  【診察内容】
c0039937_12541180.jpg   
        赤ちゃんの体重     2622g (前回より+91g )  
        BPD(頭の横径)    91mm  
        FL(大腿骨長)      68mm    
        FTA(腹部横断面積)  70c㎡ 

       今回は、横顔。 顔は右向きで、顔の横に腕があります→


   《NST(ノンストレステスト)》
         やっとNSTをやってもらえました! 赤ちゃんが元気かどうかわかるので、
        やってもらいたかったんだ~ 椅子にゆったり座り、お腹の子の心音を聞く。
        胎動があると心音も早くなるし、なかなか元気なご様子でよかった。

   《内診 痛いんだよ~》
         久々の内診 もうちょっとやさしくして下さいよ 院長~
        「イテテ イテテ イテテテテ~~」と小声で言い続けてやった 
        だって ホントに痛かったんだもん いったい何をしてるんだろう??
        「子宮口何センチ 開いてます」とか教えてもらえるかと思ったけど
        コメントなし ただ痛いだけの内診でした。 

   《子宮筋腫って言った気がする...》
      院長先生は、今日もブツブツ言いながら エコー画面を真剣に見ている
     子宮壁の丸い物体を指して 『シキュウキンシュ』 と言った気がする(確かに言った)
     サイズを測り 1cm くらいと言っていた気がする...
     診察後、この件については 何も説明が無かった  聞き間違いだったかな??
     今は、出産の事で精一杯なので、突っ込んで話をする気力が沸かなかった
     産後に忘れずに確認してみよう。


  【検査内容】
    体重測定  妊娠前から比べると +8Kg (前回と変わらず)
                    
    子宮底長  32cm  (前回と変わらず)
    腹囲     90cm  (前回より-2cm)
    血圧     117/79
    尿検査    蛋白(++) 糖(-) 浮腫(-) 
  
    山形に来てから 蛋白の量が ± + ++ と上がり続けている。
    「だんだん 蛋白の量が増えてるな このままだと妊娠中毒症になっぞ!
     しょっぱいもん食ってねが」(←山形弁) と院長からも厳重注意
  
   今まで、蛋白なんて出たことなかったから「妊娠中毒症」がどんなものかよくわからない
   家に帰ってネットで調べると 結構怖い病気だとわかって ゾッ~としてくる
   最近、家事に没頭しすぎて疲れ気味だったので、しばらくは安静にすることにした。
  
  【診察料】    ¥4,000円也
  【もらった物】   なし
[PR]
by 222ko | 2005-07-05 00:06 | 妊娠日記インデックス
診察15回目:妊娠36週6日 「アンパンマンになった」

    へその緒が巻き付いていると言われた直後は、心配でしかたがなかったけど、
   入院準備、西○屋にベビー用品を買いに行ったり、ネットオークションでゲットしたり
   晴れた日にはベビー服のお洗濯もあるでしょ 具合の悪い日は1日中ダウンだし
   里帰りしたから、上げ膳据え膳なんてことはなく しっかり家事のお手伝いもしてるから
   この2週間、忙しくて心配している暇がなかったかも。。。


【診察内容】
    実は、前回も 3D、4Dエコーを受けているのだが、久々のご対面なのに
   ウチの子は、しっかり顔を両腕でブロック!! 股間もがっちり足でガード
   『初めての病院で 恥ずかしいのかなー』 と看護師さんがやさしく言ってくれてるのに
   仕舞いには後ろを向いちゃうし(笑)
   オシリとか背中とか見てもつまんないので、久々の3D、4Dエコーは、収穫なく終了
c0039937_1154845.jpg  
   今回は、バッチリ顔が見れました!!   
   笑っちゃう「アンパンマンみたいだ ぷっぷぷ」

   そうそう、院長に聞いてもよくわかんないので、
   今のうちに聞いておこう
   「へその緒 巻いてますか? 前回巻いてるって先生
   に言われて...」と聞いたところ、画面を覗き込んで
   「巻いてないわよ 取れたのかな」 と教えてくれた
   一安心。。。
   
        赤ちゃんの体重     2531g (前回より+303)  
        BPD(頭の横径)    88mm  
        FL(大腿骨長)      68mm     
        FTA(腹部横断面積)  70c㎡  


【検査内容】
  体重測定  妊娠前から比べると +8Kg (前回より-1kg)
          むくみがひどいので、食べる量を少なくしたから?忙しかったからな??
          里帰りしてから徐々に体重が減った。
          
  子宮底長  32cm  (前回と変わらず)
  腹囲     92cm  (前回と変わらず)
  血圧     125/79
  尿検査    蛋白(+) 糖(-) 浮腫(+) 
  血液検査  ヘモグロビン 10.7 g/dl

  血圧が高めなのと、蛋白と浮腫に(+)が出たので栄養士さんから、栄養指導を受けた
  午後までかかってしまい お腹すいて死にそうだった...(泣)
  

【診察料】    ¥4,390円也
【もらった物】   ラキソベロン錠剤(便秘薬) 頼んで錠剤にしてもらった         
[PR]
by 222ko | 2005-06-28 20:12 | 妊娠日記インデックス
診察14回目:妊娠35週6日 「へその緒一回巻き」

   逆子が治ったので、地元では評判のいい個人病院へ行く事にした。
  実父からは、何かあった時のために総合病院へ行ったほうがいいと反対されたが、、
  周りの誰から話を聞いても評判がいい病院なので、母と一緒になんとか父を説き伏た。
  ただ義姉からは 『スタッフはいいけど、院長先生は何しゃべってるかわからないってよ
  という話を聞いた。 院長先生は、ちょっと変わった人らしいぞ。。。

   梅雨だというのに真夏の様な日差しの中を歩いて病院へ ちょっとしんどい。
  病院に入ると20人位の妊婦がいて、びっくりした。すごい混んでる。。。
  けど、待ち合いスペースが広くてきれいなので 人が多い割りには圧迫感はない

   院長先生の診察まで40分以上待ったと思うが、その間に婦長さんとの問診や
  血圧、体重、採尿、超音波で胎児の大きさを測定されたりしてそれほど長くは感じなかった。
  いや~ 婦長、看護婦さん、助産師さん 女性スタッフの皆さんは、話もしやすいし
  忙しいのに効率よくテキパキと働く姿に感心した。
  こんな病院で、最初から出産まで診察してもらえる山形の妊婦さんは幸せだなと思った。 
 
【診察内容】
   噂の院長先生と初対面。私の渡した紹介状を見ながら何か言っているのだが、
  『本当になに言ってるのか 全然わかんない!!』 義姉の情報はホントだった
  逆子が治ってよかったと言っているのが、かろうじてわかったぐらいである
  お腹から超音波検査。
  引き続き、先生が何言っているのか、よくわからなくて焦ったが、
  しばらく聞いていると、半分以上が先生の独り言だという事がわかってきた。
  「胎盤の位置 右上だ よし」とか、確認事項を言って、自分で返事をしているっぽい
  しかし、エコーがやけに長い。先生は 「何かが見えない」 と必死に探しているみたいだった
  「9ヶ月にもっなって何が無いって言うのよ~~」と心の中で叫ぶ私
  先生が探しているのは 「へそ緒」らしい。
  しばらくして ようやく見つかったものの、「短い こんなに短いわけがない 何故だ」と言って
  エコーをグリグリ押し付けてきた。 「はは~ん 巻いてる 一回巻き」 と言ってエコー終了

  <へその緒って巻いても大丈夫なの??>
  先生が立ち去ってから、診察を側で見てくれていた助産師さんに
  「あの... 先生 さっき へその緒が巻いてるって言ってませんでしたか??」と聞くと 
  「言ってたね」
  「大丈夫なんでしょうか...」と心配する私に
  「赤ちゃんは、へその緒から酸素もらってるでしょ。肺で呼吸しているわけじゃないから、
   ちょっと首が絞まっても平気よ。そのうち 自然にとれるから心配しなくても大丈夫よ」
  「とっとれなかったら...帝王切開ですか?」
  「出産の時にへその緒が圧迫されて、赤ちゃんの心拍が下がる危険もあるけど、
   即、帝王切開ってことはないから」と教えてくれた。 

        赤ちゃんの体重   2228g   
        BPD(頭の横径)    87mm  
        FL(大腿骨長)    65.3mm     
        FTA(腹部横断面積)60.9c㎡  


【検査内容】
  体重測定  妊娠前から比べると +9Kg (前回より+1.5)
          1ヶ月で3kg太ってしまった~~ お腹が張って歩かなくなったせいかも...
          お陰で、今までなかった「むくみ」が出てきちゃったよ
  子宮底長  32cm  
  腹囲     92cm
  血圧     115/74
  尿検査    蛋白(±) 糖(-) 浮腫(-) 
  血液検査  9.8 g/dl 貧血です

  その他、後期の検査の為3本採血されたが、詳しい検査名称は不明。
  結果を聞く時、わかるでしょう。


【診察料】    ¥4,910円也 検査したのに思ったより安い。
【もらった物】   フェロミア(鉄剤)、ダイ・メジン(ビタミン剤)、ラキソベロン液(便秘薬)
          超音波写真を入れるアルバム(クマさん柄)
[PR]
by 222ko | 2005-06-14 18:21 | 妊娠日記インデックス
山形へ里帰り
  しばらく家を空けるので、今週は台所や部屋の掃除をいつもより念入りにしておいた。
 空港に行く前に着替え、お土産、ノートPCをダンボール箱を詰めて宅急便で発送。
 伊丹(大阪)空港から山形空港まで、飛行時間は55分くらい。あっという間の帰郷だった。
 1年ぶりの山形は、意外に暑い。もっと半袖持ってくればよかった。

  ウチのダンナは、独身時代、独り暮らしをしていたので家事は何でもできるし、
 浮気も出来るタイプじゃない (だいたい 若い子にモテそうもないし...)
 唯一の心配は、ダンナの大好きなお菓子の食べ過ぎで『太る』ことぐらいである
 本人はスポーツクラブに通うと言っていたけど、どうなることやら...

 【遠く離れた夫婦の通信手段】
  基本は、メールだけど、週末は会話もしたいので、長距離でも心置きなく話ができるように
 無料で通話とライブ映像が見れる Yahooメッセンジャー を使うことになった。
 私は、無料通話さえできればいいので Skype でもなんでもよかったのだが
 ダンナに 『カメラがあったほうが、いいと思わない?』 と言われ、
 『まぁ そうだね 子供の顔とか見せられるし』 と何気なく答えてしまったら、
c0039937_16515925.jpg
 数日後、こんな物を買ってこられてしまった。。。コレ→ 
PCカメラ(ヘッドフォン、マイク付き)9,000円也 2つで、18,000円 (T△T)バカぁ~ そのお金でベビーカー買えるのに... ウチのダンナは、機械系が大好きで、こういう物にはお金をおしまないんだよね...

 さっそく、別々の部屋に分かれて動画と音声の通信テストをさせたれた。 『やっぱ いいカメラにしてよかった』 と
ダンナはご満悦である。
 実際に山形~奈良で、会話をしてみたが、それほど音声のタイムラグは感じない。動画が、3,4秒遅いのはしかたがないらしい。
 確かに顔がみれるのは、楽しいけど 今後、どれだけ使うのだろうか...
[PR]
by 222ko | 2005-06-11 15:57 | 妊娠日記インデックス
診察13回目:妊娠34週3日 「逆子は治ったけど...」

  前回、「逆子が治らない人は、何をやっても治らない」と先生に言われて逆に気が楽になった。
 というのも、逆子と判明してからずっと 自分の事を責め続けていた からです。
 逆子になる原因なんて、不明な事が多いのだが、
 「私が体を冷やしすぎたせいだ」、「いつも自分勝手な事ばっかり考えていたせいだ」、
 「赤ちゃんへの愛情が足りなかったからだ」、
 「逆子を治そうとする努力が人より足りないからだ」、「天罰だ」とか...
 他人から見れば「何言ってんのバカじゃない!?」と思えることを本人は真剣に考え込んで、
 グズグズ時を過ごしていた。

  そのうち「お腹の子は、なんで私の気持ちをわかってくれないんだろう...」とまた泣いたり
 「なんで かあさんの言うこと聞いてくれへんのや...」と怒ったり
 もう、どっちが子供かわからないくらいアホな事をお腹の子に向かって語りかけていた。
 ダメかあさんは猛烈に反省しています...にゃん子 ごめんよ  "(/へ\*)"))ウゥ、ヒック
 (この時期になってやっと語りかけをはじめた私。お腹の子を『にゃん子』と呼んでいます)

  今日は、里帰り前日の最後の診察。
 逆子は治っていないはずなので 総合病院での「帝王切開」の事しか考えていなかった。


【診察内容】
  お腹から超音波検査。「おっ!頭が下にある!!」と先生。 
 「えっ ホントですか... 本当にホントですか??」 となかなか信じられない
 「治ってるよ 頭ここだもん」 と下腹を指差す先生
 モニターに写る我が子の頭をまじまじと見ながら、ちいさくガッツポーズ!!
 「ええ子やなー がんばったなー」と診察台の上でおもわず話しかけてしまった。
 
 でも、心配性の私にとっては、喜びは一瞬だった。
 すぐに 「また元に戻る可能性も十分にあるんじゃない?」という考えが頭をよぎった
 先生に「元に戻ることもありますよね...」と聞くと
 「一度 頭が下がれば 戻ることは少ないと思うけど...それは誰にもわからないよ」
 と言われると一気に心配になって、プチ・パニック状態に突入
 心配のあまり、あれこれと訳のわからない事をまくしたてたので、先生も呆れ顔だった。

【診察料】 1,800円也  紹介状は、「母子手帳に逆子が治ったって書いておくから」と言われ、書き直してもらえなかった。ヨガ教室の生徒さんが、この病院で今朝6:30に出産し、先生が徹夜だったのを知っていたから、私も書き直してと強くは要求しなかった。


<妊娠後、一番の大暴れ>
  診察の帰り道 「よーし にゃん子を太らせて身動きとれんようにしてやる」と
 浅はかなことを思いついた ダメかあさんは、ケン○ッキーへ直行!!
 チキン○ィレサンドをがっついて食べた。(今から思えば、激太りに拍車をかけた行動)
 
  その日の夜、「寝ている間に またひっくり返らないかしら」と心配しながらベッドへ。
 夜中の1時半。 私の心配をあざ笑うかのように にゃん子の大暴れが始まった。
 いままでに無いくらい激しい胎動に「お願い 静かにして~~」と祈り続ける私。
 20分経っても治まらず、ベットから起きて ソファーに座って胎動が静まるのを待ち続けた。
 2時過ぎてようやく 胎動が静かになってきたので やっと眠れた。
 明日、里帰りで飛行機に乗るのに大丈夫なのか にゃん子... あんまり はしゃがないでね 
[PR]
by 222ko | 2005-06-10 20:58 | 妊娠日記インデックス
診察12回目:妊娠33週3日 「逆子が治る確立2割」

   先週、ヨガの先生に 「この辺りでいい鍼灸院をご存知ないですか?」 と聞いてみると
  「何言ってんの お灸は毎日、自分でやるのよ」と言われ、お灸のやり方のプリントを頂く。
  毎晩、両足の小指の先のツボ「至陰」(しいん)に5回お灸をすえるという方法だった。
  「せんねん灸」は、80個入りで900円と意外に安く、とりあえず1週間続けてみることに。
  お灸に興味はあったものの「HPに載ってる実例は鍼灸院の宣伝かも??」と疑っていた私
  お灸に初チャレンジしたところ、 全然熱くないし、赤ちゃんが急に激しく動き出したので、
  正直びっくりした。東洋の神秘だね~ 疑っててごめんよ。
  一人でいる時に壁とソファーにもたれて「逆立ち」に近いポーズもやってみた。

【診察内容】
 お腹から超音波検査。ビデオに録画。 「治ってないね...」と先生。
 お灸のお陰で赤ちゃんは動いたものの、右にあった体と頭が左に移動していただけだった。
 頭は相変わらず「上」にある。 でも1ケ月以上、ずっと右側に座りっぱなしだった赤ちゃんが、
 左側に動いたのは、私にとってかなりの進歩である。

        赤ちゃんの体重   1897g   
        BPD(頭の横径)    79mm  
        FL(大腿骨長)    60.3mm     
        FTA(腹部横断面積)60.1c㎡ 

 先  生: 「9ヶ月も2週目に入ってる訳だし、8割がた帝王切開でしょう。
        治る確率はもう2割りくらいしかないね。10ヶ月に入ったらまず治らないよ」

 222KO: 「お灸も逆子体操もしているのに 何で治らないんでしょうね...(泣)」

 先  生: 「お灸も逆子体操も医学的な根拠はなにも無いからね。
         元々、逆子体操もさせない病院だってあるし。
         ただ、何もやらずに時を待つよりは、何かやったほうがいいというだけで、
         治らない人は何をやっても治らないからね。
         現に最後まで治らない妊婦さんは、必ず数パーセントいる訳だし」

 222KO: 「私が、その数パーセントに該当する妊婦ってことっすか...」
【検査内容】
  体重測定  妊娠前から比べると +7.5Kg (前回より+1.5)
          診察の数日前、体重が減っていたのであわてて沢山食べたら、逆に増えた。
  子宮底長  -cm  ←先生が母子手帳に書き忘れてた。私も覚えていない
  腹囲     -cm
  血圧     116/71
  尿検査    蛋白(-) 糖(-) 浮腫(-) 

<まだ あきらめていません>
  診察の帰りに薬局に寄って、「せんねん灸」を買い足した。
 赤ちゃんがだいぶ動くようになったし、36週までは諦めずにお灸を続けようと思ってる。
 かと言って、「帝王切開」の事を全然考えていない訳ではなく、覚悟もしています。
 来週里帰りなので、本当は今日が最後の診察なのだが、 帰る前にもう一度、
 逆子の状態を確認してもらう予定。 逆子が治ったら紹介状も書き直してくれるとのこと。
 
【診察料】    ¥3,240円也
【もらった物】   「紹介状」
逆子のショックで、また便秘薬をもらい忘れて途中まで帰ったが、引き返してもらった。
[PR]
by 222ko | 2005-06-03 11:18 | 妊娠日記インデックス
パパ講座に行ってきました
  日曜の朝9:30(早っ!!) ダンナと二人で 「パパ講座」へ行ってきました。
 ウチは、開催場所から家が近いので(歩いて5,6分)まだいいけど、朝早すぎません??
 8時45分 のそのそとやっと起きだした私。
 ダンナは、まだ寝てるし「サボっちゃおうかなー」とマジ思った。ふぁ~~眠い。。。
 私は相変わらず、逆子でお悩み中だから、「後は産まれるのを待つばかり」という感じの
 幸せそうに見える妊婦さんに囲まれるのが辛かったのもある。かなり嫌々の寝起きだった。

  母親教室で知り合った人も来るので、ダンナには小奇麗な格好をしてもらいたかったのに
 9時過ぎに起きたので、髪はボサボサ、着替えたシャツはクシャクシャでもう最悪 (ToT)
 9時20分 あわてて車で会場に向かい、なんとか間に合った。

  最初に「ビデオ鑑賞」 赤ちゃんがお父さんに求めている役割といった感じの内容だった。
 横のダンナとみると おもいっきり寝てやがる!(もぅ 誰も寝てないのに恥ずかしい...)
 ビデオが終わった後、「寝てたわね」と言ったら、
 「だって 内容的につまんなかったじゃん。いいビデオだったら見るけどさ」と言い訳は立派
 まあ確かに、見て参考になったと思えるような内容ではなかったので責めるのはやめておく

  次は、「先輩パパママ」との交流会
 私達は、生後4ヶ月の双子のパパママとお話させて頂いた。
 そこで、赤ちゃんを抱かせてもらったところ 急にダンナのテンションが上がった(笑)
 彼なりに「かわいいなぁ♪」と感じたのか?? 「お~」と言って赤ちゃんを抱いていた。
 男の人は手が大きいからか、意外に私より抱き方が上手だった。(ちょっと くやしい)
 抱いていると赤ちゃんの体温が伝わってくる。。。「赤ちゃんってぽかぽか温かいなぁー」

  アンケートの「次回は、先輩パパママとして交流会に参加してもらえますか」という項目に
 ダンナが 「『参加したい』に○を付けろ、付けろ」 としつこく言ってきた。
 私が 「○をつけたら絶対、電話かかってくるよ 朝早くて面倒じゃん」と言っても
 「別にいいよ」と言うので○を付けて提出。何が彼のテンションを上げたのか全くわからん。

  その後、妊婦体験(お腹とオッパイの重さ分のベストみたいなのを着るやつ)と
 沐浴の実習も素直にやってくれて無事終了。お疲れ様でした。
 私自身は、眠かったので終始 ちょっと不機嫌だったのにがんばってくれてありがとう。
[PR]
by 222ko | 2005-05-29 19:13 | 妊娠日記インデックス
診察11回目:妊娠31週3日 「逆子なおらず 涙...」

     今週も腰が痛くて逆子体操は、あまりできなかったけど、
   胎動を感じた時を狙って体操をしたところ、お腹の赤ちゃんが、すごく動くようになった。
   お腹の上のほうでも胎動を感じるようになったので、「もしかすると...治ったかも」
   という期待をちょっぴり持ちつつ、診察室へ

【診察内容】
 お腹から超音波検査。ビデオに録画。
 先生: 「うーん」、 私: 「治ってないんですか?」、 先生: 「治ってないね...」
 赤ちゃんの位置も前回と全く変わっていなかった。c0039937_10444987.jpg 

   赤ちゃんの体重  1534g   やや小さめ
   BPD(頭の横径) 75.8mm  かなり小さめ
   FL(大腿骨長)  56.6mm     普通
   FTA(腹部横断面積)49.4c㎡ やや小さめ

<先生に質問>
 222ko: 「逆子体操をやりすぎると、赤ちゃんが一回転して元に戻ったりしないのですか」
 先  生: 「一度、頭が下がると、胎児の体勢が安定するので、治ったかは気にしないで
        続けて体操して下さい」
【検査内容】
  体重測定  妊娠前から比べると +6Kg (前回と変わらず) 
  子宮底長  25.5cm
  腹囲     86.5cm
  血圧     95/60
  尿検査    蛋白(-) 糖(-) 浮腫(-) 

<涙に暮れた週末>
 逆子と言われて既に1ヶ月。時が経つほど治る確率が低くなっていくと思うと毎日気が重い。
私は、「ケロイド体質」(傷が赤みを帯びて、肉が盛りあがってしまう)なので、8年くらい前に
手術した傷が、いまだにはっきり残っている。帝王切開でこれ以上、体に傷がつくのは嫌だし、
たった7~8cmの切開だったけど、術後はどうしても熱が出て辛いことも経験済み。
傷の引きつるような感覚とか、傷口の違和感が無くなるまでは、1年くらいかかった。
子育てをしながら、またあの苦痛を味わうのか考えると、やっぱり辛い。

 ダンナは「先の事を心配しないで、今は前向きに体操をがんばればいいじゃん」と言うけれど、
心配というより、私は先が見えない不安で苦しんでいるのである。
夕食後、趣味に没頭しているダンナの姿を見ていたら、「二人で作った子供なのに、なんで
私だけ腹切らなきゃいけないの?」という思いが沸々と込み上げてきた。
私が腹を切る時は、「あなたも腹切ってね」と言いたくなる。(同じ苦しみを味わってみろ!!)
夕飯の買い物にも行ってくれるし、お風呂掃除、食器洗いもしてくれる。いいダンナなのだが、
妊娠中の心や体の痛みを言葉で説明しても「共感(体感?実感?)」してもらえなのが悔しい。

 後期に入って腰痛、便秘、眠気、体が重いなど調子が悪い日も多く、どっと疲れが出てきた。
それと 検診の度に胎児の大きさが「ちょっと小さい」と言われるのも気になっていた。
エコーは、あくまで推定値であって誤差があるのは、百も承知だが、それでも気になるのが
母心である。いろんな事が重なって、急に泣きたくなってきた。
私は、泣くことも「ストレス解消法」の一つだと考えているので、ダンナには「頭が痛いので寝る」と言って横になり、濡れタオルを顔を乗せて、その後、まる一日泣いて過ごした。
涙が出なくなるまで泣くと、意外とすっきりするものである。あ~泣いた 泣いた

【診察料】    ¥3,000円也
【もらった物】   逆子のショックで、便秘薬もらい忘れたぁ~ マズイ...
次回の診察は、2週間後。
[PR]
by 222ko | 2005-05-20 14:07 | 妊娠日記インデックス


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧